2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビスケットジョイナー インプレッション



昨日、ようやく届いたビスケットジョイナー

早速、使用してみましたのでファーストインプレション!


ようこそ!オミノイエブログへ
出来れば にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ お願いします。


早速、箱から出してみました。

丈夫そうなケースに入っています。

ケース

バックル部分は金属で出来ていますね。

安物だと、プラスチックの一体成形ですが、ちょっとだけ高級感がある?


ビスケットは様子見ということで#0と#10を買いました。

#20も買っておけば良かったよ...。


中身

中身を取り出しました。

シンプルですね。

本体と、集塵袋。集塵口に接続するパイプと星形のレンチが一つ。

あと、刃を交換する為(と思われる)金具が一つ。

集塵はサイクロンに繋ぐので、すぐにしまっちゃいました。

取説

取説はもちろん英語。

全く読めません orz

写真に写っている挿絵だけが頼り。


フェンス角度調整

フェンスの角度を調整する部分です。

四角のノブを回すと緩んでフェンスの角度が調整出来ます。


切削深さ調整

こちらは切削深さ調整の部分です。

M、0、10、20とメモリが打ったノブがあります。

それぞれがビスケットのサイズに対応しているみたいです。

(取説が読めないので勘ですが)

深さを変更するにはノブ中央の星形のネジをゆるめる必要があります。

星形のレンチを無くしたら、致命的だな...。


切り込み位置調整

こちらが切り込み位置の高さ調整の部分ですね。

四角のノブを緩めて、丸いノブを回すと高さが変更出来ます。

ここに高さ調整用のスケールがありますね。

これはインチ表示のようです。2x材を使う時には便利かもしれませんが、

mm単位の調整はしづらそうです。

(mm単位の調整が必要かどうかは判りませんが)


集塵

集塵口に集塵機を繋いで見ました。

φ38のカフスにピッタリ。

集塵対策はバッチリですね。

テスト切削

さて、いよいよテスト切削をしてみます。

ワークを台に固定して、切削してみました。

今回は#10のビスケットを使用する為、10にメモリを合わせて切削。

ビスケットを差し込むと、かなり奥まで刺さってしまったので、

切削深さを微調整しました。

(切削深さの調整はフェンスの裏側にあります)

なんどか切り込んでみて調整完了。



墨線

でわ、T字接続に挑戦。

端材に墨線を引きます。

今回はテストなので適当に。


ワーク固定

この墨線に合うように、T字に接続する材を重ねて、

台に固定します。

上の材の中心に目安となる線を引いておきます。


上の材を切削

上の材を切削。

フェンスに線がほってあるので、目安の線とフェンスの線を合わせて

ずれない様に慎重に切削。

トリガーを引くと、動き出しのショックで位置がずれることがあるので

慣れるまでは、ベースを押さえながら削るといいかもしれません。


下の材を切削

下側の材料を切削。

ジョイナーを下に向けて切削します。

ベースの下面にも溝が掘ってあるので、

この溝と、目安の線を合わせて切削します。

これで、位置合わせが出来るという寸法ですね。


切削完了

切削完了しました。

切削高さの調整が適当でも、この方法なら墨線から

同じ距離に溝が掘れるので簡単ですね。

繋いでみた

ビスケットを間に挟んで繋いで見ました。

ボンドを塗る前はゆるゆるですね。

ボンドを溝に流し込んで、固定。1時間ほど放置すると、

ビスケットがボンドの水分で膨張し、ガッチリと固定出来ます。

あんな小さなビスケットで本当に大丈夫だろうか?

っと思っていましたが、かなり頑丈に繋ぐことが出来ました。


最後にジョイナーの動作音ですが、トリガーを引いてから

切削完了まで慎重に動かしても5秒ほどだし、音自体も

トリマーと比べれば小さい方だと思います。

むしろ、集塵機の音の方がうるさいくらい。


期待通り、簡単に加工ができるので、これから活躍しそうです。

まずは学習机からね!



最後にお手数ですが にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ してやって下さい。


いつも応援ありがとうございます


こちらもついでに↓

blogram投票ボタン









● COMMENT FORM ●

早速、使い始めましたね

omikenさんは、どのメーカのビスケットをお使いですか?
私はマキタのを使っているんですが、結構、ビタッって合いますよ(ちょっと不揃いなのか、たまにきつすぎるのもありますが)。

目盛は、やっぱりmm表示じゃないと面倒ですv-292
全体をインチで作業しているんなら問題無いんですが、mmの工具やビットが混ざると、とたんに訳わからん状態になっちゃうし。。。

でも、ビスケットジョイナーが手に入ると、ルータでのビスケット加工がどれだけ大変だったかって感じますよねぇ。。。

Re: 早速、使い始めましたね

> きむきむさん

ビスケットジョイナー、期待通りに便利でした。
ビスケットはビスケットジョイナーと一緒に買いました。
Wolfcraftだったかな?
こんど、マキタも試してみますね。

まだ、活用しきれていないので、そのうちmm表示が欲しくなる時が来るかもしれませんね。
集塵機に繋ぐとチリ一つ発生せずに加工出来ますね。素晴らしいです。

いいなぁ~

ビスケットジョインターは欲しいパワーツールの一つです。何かと便利ですよね?

デウォルトにも惹かれますが、今はポーターケーブルかFreudのJS102を狙っています。今なら送料別で$200を切りそうですし…Webからの臨時収入が年末には入りそうなんで、そのタイミングを狙いますf^_^;

そうなると、テーブルソーはバンドソーやジグで乗り越えて、自動かんなが欲しくなるんだろうか…

Re: いいなぁ~

> Nasbeeさん

買っちゃいました。
今までなら諦めていた加工なんかもこれからは出来そうです。
でも、クランプをなんとかしないと...。

自動カンナ欲しいですね!
また、輸入しちゃおうかな?(日本語で注文するくせに、えらそう?)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ominoieblog.blog44.fc2.com/tb.php/387-eb019515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

学習机を作ってみる その3 «  | BLOG TOP |  » 学習机を作ってみる その2

プロフィール

omiken

Author:omiken
3人娘+3匹(大1、小2)の父親です。
自由気ままに日曜大工を楽しんでいます。

オミノイエブログへようこそ!

ピザ釜作成、工房作成の記事をお探しの方はオミノイエ本館に記事があります。

工房作成なら→工房&DIY
ピザ釜作成なら→ガーデン&屋外DIY

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

タグクラウド

Ranking

ポチッと応援お願いします。 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

最新記事

カテゴリ


全ての記事を一覧リストで表示する


ブログ内を検索
↓キーワードを入力して下さい。

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

広告

Feed Me!

オミノイエブログのRSSフィード

JogNote

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。